前へ
次へ

エステサロンとリラクゼーションサロンの違い

リラクゼーションサロンでは全身をマッサージで揉みほぐしたり、足つぼや耳つぼを刺激して体質改善を図ったりと、体の疲れや不調を緩和することに重点を置いた施術が行われます。
ですから女性だけではなく男性の利用客も多く存在します。
対してエステサロンでは同じマッサージを行うにしても痩身や顔の浮腫み取り等を目的としたものとなり、美容に重きを置いた施術がなされます。
美容目的ということで、エステには男性用コースも存在しますが利用客は圧倒的に女性が多くなります。
またリラクゼーションサロンで行われるマッサージが癒しをテーマにした気持ちの良いものであるのに対し、エステサロンで施術されるマッサージは刺激が強めで時として痛みを伴うこともあります。
共通点はどちらのサロンにおいても施術者に国家資格は必要なく、己の持つ技術力のみを頼りに開業している点です。
ですから例えば極端な話、「明日からエステティシャンとしてサロンを開業しよう」と思い立てば誰でもお店を構えることが可能ということになります。

Page Top